ダートラっていう競技があるんですよ、ダートラ。 土系ドリフト+タイムトライアルな代物。走りを極めるのぢゃ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1521999_533031933471758_67046003_n.jpg
1469970_510165202425098_1982759700_n.jpg
現在インテグラはエンジンO/Hの為
以前この車両製作を一からお願いしたガレージまいどに入庫中です。

エンジンを下した時にしかできない
部分補強も同時にやってもらっています。
約8年前にスポット増し1000発を入れてもらったので
点数としてはそれほど多くは有りません。

社長に車両走行評価してもらった限りでは、
ボデーはしっかりしているとの意見で、
自分もそう思います。
何せ、8年で競技車両として10万キロも走行しているわけですから
色々と不具合が出てもおかしくないのですが、
エンジン・ボデー・その他で致命的なトラブルが
出ていないのは、半ば奇跡のような気がしますね。
それもこれも車両点検・整備を日々行ってもらっている
現在のメインショップ、杉尾ガレージのおかげだと思います。

特に車両洗車をマメにやってもらってるのですが、
これは車両の傷みを抑える・不具合点を見つける点で
非常に有効だと思いますね。
おかげさまでダートラ車としては外観キレイです。

もちろん、かなりの部品を交換しているので
お金はかかっていますよ(^ ^;

しかし以前のミラージュから乗り換えて一番心配だった
ホンダ車の特にボデーの耐久性については、ちゃんとメンテしていれば
結構行けるのだ、と分かりましたね。

エンジンも、開けてみてわかったことは、
距離相応にきれいに摩耗している状態という事でした。
つまり、どこかがクラックが入っているとか、
異常摩耗しているわけではない正常な状態。
でもやっぱりへたりは生じている。

1476243_510165305758421_589646591_n.jpg
971598_510165389091746_1165429514_n.jpg
1463104_510165335758418_813648818_n.jpg
ちょっとカーボンが溜まってたそうで、オイル交換頻度が少な目だったかも、
という点が手入れの面での反省点。

156561_533032150138403_1963396158_n.jpg
現在、腰下まで組み上げ直してもらった状態です。
他のお仕事もあるので、ぼちぼち進めてもらってます。

作業ノートも見せていただき、数値を測りながら
丁寧に組んでいただいているのが良く分かりました。
地道な作業と思いますが一番大事なのだと思います。

技術面について定量的な説明をしていただけるのが、
エンジニアの端くれとしては
とても納得がいくし、信頼できる点です。

馴染んだ機構部品に対し、然るべきリフレッシュを施してもらった結果、
どのように仕上がるのか、非常に楽しみです。

至極のB18Cエンジンに再び火が入るのは
1月末あたりかな。2月に慣らしですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://maiucj4a.blog4.fc2.com/tb.php/1821-f004f033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。