ダートラっていう競技があるんですよ、ダートラ。 土系ドリフト+タイムトライアルな代物。走りを極めるのぢゃ!
しつこいですがF1日本GPの件。

まだネット上では本件について意見が絶えず、くすぶっております。
コメントしたブログも発言の揚げ足とられてブログ炎上してる事例も結構あるようです、
くわばらくわばら・・・

そもそも、いろんな意見の人が居て当然と思いますがね。
僕らはロボットじゃないんだから。まあそれはさておき。
統計をとっておられます
T社・H社の本社ならびに関係会社の方々も気になっておられたようで。
T社アクセスが少ないのは・・・社内PCにアクセス制限がかけられているとかが理由じゃないですか?w

あっ・・・僕も統計とってみます。
別にアクセス元ドメインを公開したりしませんから
これまで同様に当ブログをお楽しみいただければ幸いです。
(そもそも、いろんな意見の人が居て当然と思いますがね。意味深w)

フォトグラファーけんさわ氏
この方は決してH社ひいきではないですが色々述べられております。
2006年までの鈴鹿に有って、2007年の富士に無かったのは
主催側の「観客への愛」とのこと。なるほど。
まあ、読んでみて下さい。ワタシは本意見に概ね同意。

2006年鈴鹿では"お客様"T社様応援特設スタンドを設けたのに、
2007年富士では"お客様"H社様応援特設スタンドは設けられませんでしたね。
T社様応援特設スタンドは当然のごとく設定されていたのにね。
H社から富士SWに要望は出したけど、拒否られたらしいですね。

スタンドでは横断幕が禁止とアナウンスされたにも関わらず、
T社様応援特設スタンドでは堂々巨大な横断幕が掲げられてましたね。
TV中継でもバッチリ横断幕が映っていて、宣伝効果抜群でしたね。

ぶっちゃけ、アタシャ旧き良きHONDAが好きですよ。
(最近はミニバンばっかしであまり関心もてないんですが)
しかしそれを差し引いて客観的に考えても、
やっぱり変だったよ、2007年日本GP。

サーキット関係者殿との会話も
「来年良いものにして行く、それしかない」
やはり全ては来年次第ですかな。

レース自体はTV中継を観ている限りは面白かったです。
危険だったと思うけど・・・去年も今年も、レースそのものの
面白みという意味で、高いクオリティだったと思う。
(最終ラップのクビサVSマッサのバトルでコース外の舗装部分を使った方が速かったというのは・・・ちょっと変だったなしかし。
スカパーで中継観てたら、川井ちゃんが
「コース外の舗装の方が路面μが高いんですかね?」とかいうてました。面白かったんですがね。)


それでも、観客にとってイベントが良いものだったと思えるのは
そのイベントの雰囲気だったり、オフィシャルの対応だったり
するわけですな。

だらだらと書いたけど、自分達がオフィシャルを行う際は
ホンマに気を配らないといけない、とまた思うのであった。

去年の鈴鹿の雰囲気、サイコーだったよ・・・
ゴール後のタクマを祝福する観客
PA080270_2.jpg


コース全体がこんな雰囲気でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://maiucj4a.blog4.fc2.com/tb.php/495-f0b957de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック