ダートラっていう競技があるんですよ、ダートラ。 土系ドリフト+タイムトライアルな代物。走りを極めるのぢゃ!
これをみると欲しくなっちゃうかも
のつづきを・・・

テーマ「HONDA 歴代VTECマシーン CMプレイバック!2」
副題 さらば旧き良き時代よ・・・我ながら意味深だな
1993 - DC2 INTEGRA Si

西海岸っぽいイメージでしたがアクが強すぎて売れず。
というかこのテのクーペに関心を持つ人が居なくなったというのが真実か。
そこのアナタ、どっかで見たことのある丸目赤インテですよ!
1993デビューなんだから、DC2の基本設計が如何に旧いか分かるよねぇ。

1991 - BB1 Prelude



さあ、走ろうか。
むかし欲しかったんすよねー。デザインが好きだった。

1989 - GA1 CITY

GA2には個人的にお世話になりましたです、ハイ。

1989 - DA6 INTEGRA



VTEC初搭載といえばコレ。
バックトゥ・ザ・フューチャーのイメージそのままの
マイケル・J・フォックス。ダジャレ連発シリーズ。
「カッコインテグラ!」

1987 - EF7 CR-X


この辺だとまだVTEC搭載前なのでZCエンジンですね。

VTEC搭載のEF8は1989-1992年生産だったそうな。
まさか2008年になってもジムカーナ現役車になっているとは
当時誰も思わなかっただろう。
デザインもかっこええわ。今見てもそう思いますな。


1978 - SN Prelude


ここまで来ると、もう歴史モノですね。
ナレーションは ジェットストリームで有名な故 城達也氏。
ドライバーは ジョン・サーティース翁。

ちなみにこの初代プレリュードは 川越ベンツと揶揄されたそうで
いうなればプアマンズポルシェみたいな皮肉の一種だったんだと。

ちなみにジョン・サーティース翁って誰?っていう人も多いかと思いますが、
1967年のF1で HONDA RA300を駆り、モンツァで優勝を遂げた
伝説のドライバーです。フェラーリ在籍時にF1王者、
それ以前は2輪世界GPでも王者になっているという、
現在でも唯一のドライバーであります。

ジョン・サーティース




最後は もちろん
1990 - NA1 NSX


緊張ではない。解放するスポーツだ。
Our dream come true.

ここを読めば、昨年発売されたV35GT-Rの開発ポリシーとNSXのそれが
かなり似通っていることがお分かりいただけるかと。
フェラーリにも多大なる影響を与えたクルマ。
懐深いクルマ=誰にでも乗れるイージードライブなクルマ
と誤解されたクルマ。ゴルフバッグが2コも積めるから
スポーツカーじゃねぇとか言われたクルマ。
今もなお所有するオーナーが心底はまってしまっており、
一生乗りたいと言わせてしまうクルマ。

ACURA高級路線もV10もいらねぇす。


過去に惹かれたのは、決して懐古主義ではない。
客観的にみても、現代のクルマのほとんどは、
もはや移動手段でしかないから、過去に惹かれるのである。

さらば、旧き良き時代よ。

                        完


しかし、まだ世の中捨てたモンじゃあないなと
そんな気持ちになれそうなイメージ映像をみつけた。
いよいよ第二章へ・・・w
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://maiucj4a.blog4.fc2.com/tb.php/591-68e47e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック